審査が甘いと言われる銀行系カードローンの特徴

入社三年目のOLです。社会人になると、否が応でも突発的な出費というものが増えてしまいます。少し年齢が上の型なら、軽い感覚で「いざという時は消費者金融に頼ればいいよ!」みたいなことをおっしゃるのですが、それはお金を借りたい時に借りられる人の感覚ですよね。残念ながら、私の立場はそれほど安定したものではないのです。私の年収はまだまだ低く、カードローンの審査に引っかかってしまいます。

審査が甘いと言われる銀行系カードローンの特徴がもしあれば、教えてください。

借り入れに際して収入の証明がいらない、という条件が狙い目です

よほどひどいブラック企業でない限り、消費者金融からお金を借りる場合には審査を受ける必要があります。これは当然のことです。しばしば、審査に落ちて困っていますというような声を聞きますが、ごく普通の条件と状態でお金を借りている限り、カードローンの審査に落ちるということはまずあり得ないのです。

それでも、できるだけ簡単に審査をパスすることができれば嬉しいと、誰だって思いますよね。カードローンの審査に落ちて困るという人は、まず自分のキャッシング履歴を見直してください。すでに他社からの借り入れがあり、多重債務の状態になっていませんか?

借金の状態に問題がなければ、収入の証明書がなくても借り入れができる期間がオススメです。借り入れの限度額は小さくなりますが、いざという時は本当に助かりますよね。

銀行系カードローンは融資の際の審査が甘いのか

 銀行系カードローンが行う融資の際の金融審査について、基準が比較的甘いという意見と厳しいという意見の二つに割れています。基本的には、カードローンに限らず金が低かったり契約が厳しくないところそして融資総額が高いところほど審査が厳しいという傾向があり、銀行などが行う住宅ローンやマイカーローンなどの目的が定められた目的別ローンはかなりが厳しく、消費者金融が行う個人向けの融資はそこまで厳しくはないという傾向があります。

 それでは銀行系カードローンはどういった特徴があるのかというと、金利としてはキャッシングよりも低めに設定されいる場合が多い一方で、融資限度額については短期間に返済することを目的としているキャッシングよりは高く、目的別ローンよりは低いという傾向があります。なので、あくまでも全体的な傾向としてなのですが、銀行系カードローンは銀行が行う目的別ローンよりは審査が厳しくはなく、クレジットカードのキャッシングや消費者金融で行う融資よりは厳しいという傾向があるようです。

 一方で、銀行系カードローンは厳しくない、または最近の傾向としてそこまで厳しくないという人々の意見としては、カードローンなどの個人向け融資が好調な一方で企業向け融資が伸びているとはいいがたい現状の中で、銀行が利益を上げるために融資を増大させているという意見が多いようです。これははっきり言ってしまえば、そこまで根拠がある話ではなく、利益を上げるためにはしっかり調査をして貸し倒れや自己破産などしないかという事を確認するほうが利益が上がりますし、個人向け融資の利益などはたかが知れています。

 ですが、銀行系カードローンの中でも個人向け融資分野に進出する際に消費者金融を買収した銀行のなかでは、消費者金融のノウハウと銀行の資金力を駆使して、銀行系カードローンの中では比較的基準が厳しくない会社も存在したりしますし、カードローンと言っても消費者金融と大差がない契約内容な所は基準もそれに準じていたりと、一概には言えない企業も珍しくありません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 【危険!?】融資して手数料をとるのって危ないの?厳選金融紹介 All Rights Reserved.